プログラミング教材

年齢別おすすめロボットプログラミングキット

ロボットプログラミングキット(6)

2020年度から、小学校でプログラミングが必修化されました。

必修化の影響で、ロボットプログラミングキットが注目されています。

ただ、「あんまり聞いたことないけど、レゴでロボットを作って動かせるものなら見たことある。」という方も多いですよね。

レゴブロックをプログラミングで動かせる【レゴブースト】は有名です。

ロボットプログラミングは、遊びながらプログラミングについて学べるという、まさに子どもにぴったりの学習教材です。

そして、家で簡単にできるものから、難しいものまでたくさんあります。

そこで、今回は幼児小学生におすすめのロボットプログラミングキットをご紹介します。

 

ロボットプログラミングってどういうもの?

ロボットプログラミングキット(1)

ロボットプログラムとは、ロボットなどの装置を動かすためのプログラムのことです。

そして、ロボットプログラミングとは、そのプログラムを構築することです。

プログラミングと聞くとコンピュータの中で動作するプログラムをイメージする人が多いですよね。

 

でも、ロボットプログラミングは装置そのものを動かすことができるんです

例えば、車を走らせたり、人を感知して音を鳴らしたりと、目の前で物が動くので、子どもはおもちゃ感覚で取り組めます。

その遊びの中で、プログラミングによる制御だけでなく、物を動かす仕組みについても同時に学ぶことができます

これが、ロボットプログラミングのメリットといえるでしょう。

ロボットプログラミングは小学校教育でも使われている

2020年度に、小学校でプログラミング教育が必修化されました。

必修化前から、すでにいくつかの小学校ではプログラミングの授業が実施されています。

その報告の中には、ロボットプログラミングの事例もあります。

参照:小学校を中心としたプログラミング教育ポータル_文部科学省・総務省・経済産業省

ロボットプログラミングは、子どもたちが意欲的・主体的に活動でき、また、理科や算数の授業とも関連させやすいです

そのため、教材として取り扱いやすいというのも学校で採用されやすいポイントの1つです。

 

次の章からは、幼児向けと小学生向けのおすすめプログラミングキットを紹介していきます。

 

おすすめロボットプログラミングキット【幼児向け】

コード・A・ピラー

  • 対象:未就学児(3~6歳)
  • 開発元:フィッシャープライス(マテル・インターナショナル株式会社)
  • 日本語対応:有

コード・A・ピラーは、なんともかわいい芋虫型のプログラミングロボットです。

胴体パーツそれぞれに「前進」「右折」「左折」といった命令を持たせることで、文字入力を一切必要としないロボットプログラミングを実現しました。

胴体パーツを差し替えるだけなので、だれでも簡単に遊びながら学ぶことができます

>>公式サイト

 

キュベット

ロボットプログラミングキット(3)
  • 対象:未就学児(3~6歳)
  • 開発元:Primo Toys(プリモトイズ)
  • 日本語対応:有

Cubettoは、やさしい温もりの木製ロボットです。

3~6歳向けにデザインされていて、細かな部分まで小さな子どもに安心して使ってもらえる配慮がされています

キュベットの動きを決めるのは、ボードにはめたブロック。

主に「ひとマス直進」「右に90度」「左に90度」の組み合わせでキュベットを動かします。

コード・A・ピラーよりは目的をはっきりさせて試行錯誤する知育玩具です。

>>公式サイト

 

はじめてのプログラミングカー

  • 対象:3歳~
  • 開発元:学研ステイフル(Gakken Sta:Ful)
  • 日本語対応:有

はじめてのプログラミングカーは、命令カードをかざすだけで動きをコーディングできる知育玩具です。

キュベットと同様に命令どおりに車を走らせますが、命令の種類が少し多く、命令は車にかざすことで登録できる仕組みです。

キュベットと比べると見た目は少々無骨ですが、直感的にわかりやすいので子どもはとっつきやすいですよ

>>公式サイト

 

PETS

Screenshot of 4ok.jp
  • 対象:3歳後半~
  • 開発元:デザイニウム
  • 日本語対応:有(日本生まれ)

PETSもCubettoやプログラミングカーのように命令で動く知育玩具です。

海外産のものが多い中、PETSは日本生まれ。

PETSのおもしろいところは、本体に直接命令ブロックを差し込んで動かすところです

プログラムを目で見ながら、動作を確認することができます。

障害物を増やしていくなど、難易度も変えられるので小学生にもおすすめです。

>>公式サイト

 

Ozobot

  • 対象:未就学児~
  • 開発元:キャスタリア(Castalia)
  • 日本語対応:有

Ozobotは、とっても小さなライントレーサーです。

5mm程度の太い線を描くと、その上を走ります。

Ozobotのおもしろいところは、カラーコードがあるところ

単に線の上を走るだけでなく、色の組み合わせで、スピードを変えたり、進行方向を変えたりすることができます。

上級者はオンラインでもプログラミングができるので、より長く使えますよ。

>>公式サイト

 

おすすめロボットプログラミングキット【小学生向け】

レゴ®ブースト

ロボットプログラミングキット(4)
  • 対象:7~12歳
  • 開発元:LEGO
  • 日本語対応:有

レゴブーストは、ブロックで有名なレゴのロボットです。

ブロックで遊ぶのと同じように、パーツを組み合わせてさまざまなロボットを作ることができるのが特徴です。

タブレット端末を使ってプログラムできるので、「自由に動かせるレゴブロック」といった感覚です。

ものづくりが好きなお子さまには特におもしろい教材です。

組み立てのレシピも豊富なので、なかなかアイディアが沸かないというお子さまでも取り組むことができます。

>>公式サイト

 

micro:bit(マイクロビット)

  • 対象:11~12歳ほか
  • 開発元:micro:bit財団
  • 日本語対応:有

マイクロビットは、名刺よりも小さい、手のひらサイズのコンピュータです。

英国BBCを中心に教育目的で開発され、11~12歳の子どもたち全員に無償で配布されました。

もともと教育用に開発されたものなので、価格も比較的安価で活用事例も多くあります

工作したものを光らせたり、音を出したりできて、子供が楽しく使えますよ。

ロボットプログラミングキット(5)

様々なセンサーが組み込まれていたり、パソコンからプログラミングができたりと多様な使い方ができます。

>>公式サイト

 

Sphero BOLT(ボルト)

  • 対象:8歳以上
  • 開発元:Sphero
  • 日本語対応:有

Sphero BOLTは、ころんと丸いボール型のロボットです。

専用アプリからプログラミングすることができます。

学校で導入するために開発されたもので、本体は透明で頑丈、防水で傷つきにくい仕様です。

また、赤外線通信で複数のBOLTを連携させて遊ぶこともできるので、複数人で楽しむのにも向いています。

専用アプリも直感的で使いやすいですよ。

>>公式サイト

 

KOOV(クーブ)

  • 対象:8歳~
  • 開発元:SONY
  • 日本語対応:有

KOOVは、LEGOBOOSTとはまた違ったブロックを使って、自由に作って動かせるロボットプログラミングキットです。

KOOVのブロックは種類は多くないものの自由度が高く、様々なものが作れるのが特徴

レシピも豊富で、組み立て方も3Dで見られるので、お子さまでも取り組むことができます。

自分で自由に作ることもできるので、大人でもかなりおもしろいです。

>>公式サイト

 

スマホロボ工作キット

  • 対象:小学1年生~
  • 開発元:学研プラス
  • 日本語対応:有(日本生まれ)

自分で工作をして、スマホでプログラミングをするキットです。

ロボットプログラミングは比較的高価なものが多いのですが、こちらは3,500円+税とかなり安価

その分センサーの質などはあまり高くありません。

でも、紙コップなどを使って自分でロボットを作ることができて、スマホで本格プログラミングまでできるすぐれものです。

>>公式サイト

アルスパーク

キッズプログラミング教室アルスクールでは、オンライン教材パッケージ【アルスパーク】を開発しました(※教室・塾向け教材です)。

アルスパークは、Scratch(スクラッチ)を徹底的に学びやすくした教材です。

指導者にプログラミング知識がなくても大丈夫!

テキスト教材、レッスン動画、カリキュラム、指導方法のデータなど、レッスンに必要なものはすべてご用意しました。

シューティングゲーム・タイピングゲームなどの、作例もたくさん載っています。

プログラミング教室運営でつちかった【プログラミング×探究学習】のカリキュラムで、
子ども達のプログラミング力・思考力・創造性を伸ばします。

アルスパークには、1ヶ月間無料トライアルがあるので、ぜひ一度試してみてください。

アルスパークバナー

>>【教室・塾経営者様向け】オンライン教材パック 詳しくはコチラ

※現在、事業者様のみへのサービス提供とさせていただいております。