スクラッチ

スクラッチの【乱数】でキャラをランダムに動かす方法

キッズプログラミング教材【Scratch(スクラッチ)】で「乱数」を使う方法を紹介します。

※乱数:数字が不規則に同じ確率で現れるように並べられた数字の列のこと

(例)サイコロの目
4,5,1,2,6,3,1,5

スクラッチで乱数を使いたい時は、【演算】にある【1から10までの乱数】というブロックを使います。

スクラッチ 乱数(1)

 

乱数は、スクラッチでおもしろいゲームを作りたい時にとても便利なブロックです。

そこで、今回は乱数を使った3つの例を紹介します。

  1. サイコロの目がランダムに出現する
  2. キャラをランダムに動かす
  3. 雷をランダムに落とす

こちらの動画を使って、乱数の使い方を詳しく解説していきます。

 

乱数でサイコロの目をランダム出現【スクラッチ】

スクラッチ 乱数(2)

【スペースキーを押す⇒ランダムにサイコロの目が出る】というプログラムを作っていきます。

最初に、コスチュームでサイコロの目を1~6まで準備します。

スクラッチ 乱数(3)

この時、コスチュームの番号(左端の青四角)とサイコロの目をあわせておくことがポイントです!

 

コスチュームの準備ができたら、サイコロのコードを作っていきます。

まずは、次のようにブロックを並べます。

スクラッチ 乱数(4)

 

次に、演算⇒【1から10までの乱数】を選んで、次のように入れます。

スクラッチ 乱数(5)

 

この1から10までというのは、コスチュームの左端にあったコスチューム番号です。

スクラッチ 乱数(6)

 

今回は、1~6までをランダムに出したいので、「1から6までの乱数」に変えます。

スクラッチ 乱数(7)

これで完成です!

スペースキーを押せば、ランダムにサイコロの目が出るプログラムができました。

 

キャラをランダムに動かそう|座標に乱数を入れる

スクラッチ 乱数(8)

 

次に、乱数を使って「キャラをランダムに動かす」プログラムを紹介します。

今回は、キャラが左右方向にランダムに動くプログラムを作ります。

最初に、アルくんというキャラを「X座標:0、Y座標:0」にします。

スクラッチ 乱数(9)

 

そのあと、アルくんのコードに、次のようにブロックを並べます。

スクラッチ 乱数(10)

スクラッチの座標は、X=-240~240、Y=-180~180の範囲です。

スクラッチ 乱数(11)

 

X座標を左右にランダムに動かしたいので、今回はキャラのX座標を-200~200まで動かすことにします。

この時の手順は、次のようにします。

X座標を「0」にする ⇒ X座標を「1から10までの乱数」にする ⇒ X座標を「-200~200までの乱数」にする

スクラッチ 乱数(12)

これで完成です!

スペースキーを押すと、キャラが左右にランダムに動くようになりました。

 

乱数で雷をランダムに落下【スクラッチ】

次は、乱数を使って「雷を上から下までランダムに落とす」プログラムを紹介します。

最初に、雷のコードに、次のようなブロックを並べます。

スクラッチ 乱数(13)

このプログラムは、「X座標=0、Y座標=130」から、まっすぐ下に落ちるプログラムです。

雷がまっすぐ下に落ちて、Y座標=-150になったら、また「X座標=0、Y座標=130」に雷が戻ります。

 

これをランダムな場所から雷が落ちるように、乱数を使っていきます。

最初に作った雷のコードで、最初に雷が現れる場所を、「X座標を0」から「X座標を-200~200までの乱数」に変えました。

スクラッチ 乱数(14)

これで、ランダムな場所から雷を落とすことができました。

 

雷が落ちるタイミングも変えてみます。

次のように、「0.1~0.5までの乱数秒待つ」というブロックを使います。

スクラッチ 乱数(15)

これで、落ちるタイミングもコントロールすることができました。

以上で完成です!

 

乱数を使えばおもしろい作品がつくれる

スクラッチ 乱数(16)

乱数を使えば、スクラッチで色々なゲームを作ることができます

(例)りんごがランダムに落ちてくる「りんごキャッチゲーム」

乱数は、スクラッチの中でも簡単に使えるブロックなので、ぜひ色んな作品で使ってみてください。

アルスパーク

キッズプログラミング教室アルスクールでは、オンライン教材パッケージ【アルスパーク】を開発しました(※教室・塾向け教材です)。

アルスパークは、Scratch(スクラッチ)を徹底的に学びやすくした教材です。

指導者にプログラミング知識がなくても大丈夫!

テキスト教材、レッスン動画、カリキュラム、指導方法のデータなど、レッスンに必要なものはすべてご用意しました。

シューティングゲーム・タイピングゲームなどの、作例もたくさん載っています。

プログラミング教室運営でつちかった【プログラミング×探究学習】のカリキュラムで、
子ども達のプログラミング力・思考力・創造性を伸ばします。

アルスパークには、1ヶ月間無料トライアルがあるので、ぜひ一度試してみてください。

アルスパークバナー

>>【教室・塾経営者様向け】オンライン教材パック 詳しくはコチラ

※現在、事業者様のみへのサービス提供とさせていただいております。