新着情報

プログラミング教室がデジタル学童をやる理由【アルスパーク】

アルスパーク想(4)

こんにちは、キッズプログラミング教室アルスクール代表の村野です。

当社は 、2022年9月30日より、” アルスパーク – デジタル学童 ” をサービス開始しました。

サービス詳細はこちらの記事からご覧ください。

デジタル学童アルスパーク (1)
【アルスパーク - デジタル学童】はじめました!こんにちは、キッズプログラミング教室アルスクール代表の村野です。 YouTube、マインクラフト、スクラッチ、アイビスペイント、N...

アルスパークは、自由にわいわいデジタルを楽しむところです。

プログラミング教室の先生をリーダーに、定期的にZoomで集まってスクラッチやゲームなどの雑談をしたり、コンテストを開催します。

マイクラもマルチプレイできるサーバを用意。

では、なぜプログラミング教室である僕らがアルスパークを始めたのか。

それは、現在の小学生へのプログラミング教育に対するモヤモヤからです。

次章からは「小学生のプログラミング教育に本当に必要なのは何か」について、考えを述べていきます。

 

小学生のプログラミングで大切なことは?

小学生のプログラミングは、将来必要だからという保護者のニーズで拡大し、そこに小学校で必修化となりました。

現在では、教科の一つの雰囲気があります。

イメージは、中学受験では不要だが社会人で必要な英会話に近い。

下図のイメージです。(僕の主観で作成したmap)

アルスパーク想(1)

ただ、アルスクールの教室では、勉強させられている感はゼロです。

プログラミングは勉強なのでしょうか?

知識を獲得しスキルを身につけることが目的なのでしょうか?

アルスクールももちろんプログラミングスキルの向上は1つの目標です。

でも、文法を覚えたり、解き方を暗記することを重視していません。

それよりも、「創作する楽しさ」「学ぶ面白さ」を知り、自立・自律して学べる「学びの姿勢」を身につけることを重視しています

実は、その方が圧倒的に成長するからです。

それらを育くめば、知識・プログラミングスキルは自主的に、すごい勢いで成長します。

 

逆に知識獲得を優先すると、「やらされた勉強」になりがちです。

プログラミングは、やらされても伸びません。

保護者からスキルアップの期待はありますし、それにはアルスクールは間違いなく応えている一方で、子どもたちは勉強だと思っておらずむちゃくちゃ楽しんでます。(他の教室は分かりません)

習い事のポジションとしては、将棋教室や野球などと同じで、楽しいから好きだからやる習い事として、プログラミングがあってもいいのではないでしょうか?

シンプルに楽しいから夢中になる、だけでもいいのでは?

アルスパーク想(2)アルスパークのポジション

 

家庭でのプログラミング|ハードル高くない?

シンプルに楽しむとしても、プログラミング教育はなかなかハードルが高いです。

まず他の習い事と比べても、プログラミング教室は料金が高め。

アルスクールは、それだけの子どもとの関わりをしており、割高とは思っていませんが、とはいえ安くはない。

では、家庭で学べるのか?

これが意外と難しい。

保護者の伴走は子どもがやる気になりにくいです。

「子どもがスクラッチに興味を持ってるけど習うほどじゃない、家でうまくいかない、もったいない」というケースも多々あるかと思います。

では、子どもたちがプログラミングを楽しむために必要な要素はなんでしょう?

  1. 困ったときに相談できる頼れる人
  2. 一緒に楽しみ刺激を受ける仲間
  3. やらされる勉強じゃない、自由にやっていい安心感
  4. 最初の壁を越えるための初期サポート

ぼくはこの4つだと考えています。

この4つを満たしつつ、もっとお手軽なサービスができないか?

それで、作ったのがアルスパーク_デジタル学童です。

 

フォーカスすべきは知識獲得より学ぶ姿勢

プログラミング教室より安価なプログラミング教育として、通信教育があります。

アルスクールも教材を家庭に届けようかと考えました。

ただ、アルスクールのやりたいことと違う。

通信教育は、教室と比べて知識獲得にフォーカスすることで低価格を実現しています。

小学生に関しては、僕は逆がいいと思うんです。

フォーカスすべきは学ぶ姿勢。

アルスパーク想(3)プログラミング教育の重視するポイント

プログラミングが楽しいと思ってくれれば、知識は後からいくらでも身につきます。

中学生になってからでもいいんです。(やらされて嫌いになったらどうしようもありません)

 

デジタル創作とプログラミング

プログラミング以外にも、デジタルを使った創作はいっぱいあります。

マインクラフト、アイビスペイントなどイラスト、動画編集、Blender。

プログラミングではなくても、それらを使って遊べば、そして使いこなせばそれは素晴らしいことです。

単にプログラミングで文法覚えるよりも、将来、テクノロジーを使って価値創造や課題解決するセンスが十分養われます。

でも保護者が困っちゃう。

子どもがそんなのやり始めても分からないですよね。

聞かれてもサポートできないですよね。

保護者にとっても必要なのは、安心して子どもがデジタル活動を楽しめる場なのではないでしょうか?

 

デジタル学童という概念

これらの考えから、アルスクールでは、子どもたちが安心して遊べる、他の子とも交流できる、デジタル上の居場所こそが大事なのではないかと考えました。

託児をするわけではないですが、放課後にオンラインで集まって、デジタルツールを使ってワイワイするところ。

困ったら先生や先輩がいる。

おもしろそうなことをやっていて興味を持ったら一緒に遊べる。

あるいは、オンラインでの児童館や公園をイメージしてもいいかも知れません。

教えることを捨てるからこそ、子どもたちはプレッシャーもなく思う存分楽しめる。価格も抑えられる。

そういう場がおもしろいしワクワクすると思うんです。

とはいえ、僕らはプログラミング教室。アルスクールが徹底的に考え抜いたプログラミングの教材も自由に使えるようにします。

初心者から楽しくできる、動画での教材です。自学しようと思えばいくらでもできます。

アルスパーク新レッスンページ(1)

週1のサークルタイムの時間に、リーダー(プログラミング教室の先生)に質問することだってできるんです。

そして、もっとプログラミングを学びたい、さらに先に進みたいと思った子は、アルスクールの教室に通えばステップアップできます。

ぜひ、アルスパーク – デジタル学童 に参加してみてください。

アルスパーク

キッズプログラミング教室アルスクールでは、オンライン教材パッケージ【アルスパーク】を開発しました(※教室・塾向け教材です)。

アルスパークは、Scratch(スクラッチ)を徹底的に学びやすくした教材です。

指導者にプログラミング知識がなくても大丈夫!

テキスト教材、レッスン動画、カリキュラム、指導方法のデータなど、レッスンに必要なものはすべてご用意しました。

シューティングゲーム・タイピングゲームなどの、作例もたくさん載っています。

プログラミング教室運営でつちかった【プログラミング×探究学習】のカリキュラムで、
子ども達のプログラミング力・思考力・創造性を伸ばします。

アルスパークには、1ヶ月間無料トライアルがあるので、ぜひ一度試してみてください。

アルスパークバナー

>>【教室・塾経営者様向け】オンライン教材パック 詳しくはコチラ

※現在、事業者様のみへのサービス提供とさせていただいております。